前へ
次へ

一人で学ぶのか友達などと学ぶのか

小学校や中学校では多くの生徒に対して先生が授業をする形で教育が行われます。
基本的には先生が一方的に教科書の内容を話していき、子供は先生の指示に従ってノートを取ったり問題を解いたりします。
生徒はたくさんいるので一見仲間同士で勉強しているように感じますが、実際はそれぞれで理解度が異なります。
もし学校の勉強において友達同士で問題を解いたり考えたりする場が設けられたらどうなるかです。
基本部分のみ先生が提示し、それ以降を自分たちで学んでいこうとします。
すると理解している子がリーダーとなって理解ができていない子に教えたりができるでしょう。
逆に理解できない子が他の子に質問をするときもあります。
学校教育においてはどうしてもそれぞれの学年などで決まった学習量があるので、子供同士で勉強をし合う場を設けられないのが現状でしょう。
でも子供たちで協力して学ぶ場を設けると、先生から教えられる以上の理解ができるときもあります。
小学校などでも子供たちだけで学ぶ授業を作っても良いかも知れません。

Page Top